• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

ワイズワークス 5巻

商品画像
ジャンル DVD / オムニバス
メーカー名 UGM
シリーズ ワイズワークス
マジシャン名 ゆうき とも
価格 ¥ 4,180(税込)
難易度 星
動画 動画を見る動画マーク [size:15.3MB] 
メモ おすすめ
紹介ツール

超人気シリーズのワイズワークスに待望の新作が出ました。

やはり素晴らしい内容です。どれもぜい肉のない手順で、すっきりと見え、また不思議です。そんなマジックが簡単にできるのですから、見なければ損です。

それにしても、ゆうきともの引き出しの多さには脱帽です。毎度毎度、よくまあこれ程良質のマジックを揃えられる物です。その事にマジックを感じてしまします。どうぞ安心してお買い求めください。決して期待を裏切る事はありません。




【収録内容】

トンボガエリ
デックをケースから取り出し、ジョーカーを除けておきます。観客に1枚のカードを選んでもらい、覚えたらデックに戻し混ぜます。その後デックのカードを1枚ずつ確実に観客に見せてい来ますが、どこにも観客のカードは見あたりません。そのカードは除けていたジョーカーの間から現れます。次に観客のカードはジョーカーの間から消え、デックの中程から現れます。巧妙すぎます。

ダブル・プレイ(バージョン#1)
マジシャンはパスケースを取り出し、予言のカードが1枚入っている事を示します。観客に1組のカード中から好きに選んでもらいますが、それはズバリ予言のカードと一致しています。選んだカードをデックに戻し、混ぜたら再度観客に1枚選んでもらいます。今度は予言と違うカードですが、予言のカードをもう一度確認すると…。全く、ニクい手順です。

E-Zスペル
3種類のコインで行うスペルバウンド。やさしく出来ますが、チャイニーズコイン→銅貨→銀貨→チャイニーズコインと鮮やかにチェンジします。サトルティも効いてます。

モンキー・ミーティング
名刺と10円硬貨を使ったコインアセンブリー。4隅のコインが1枚ずつ、一カ所に集まると言うオーソドックスな現象です。が、ちょっとした工夫にやられます。また、即席風で演じやすいです。

オルラムバンクナイト
6つのクリアケースの打ち1つだけにお札を入れ、それを観客が当てると言うゲーム。6分の1の確率のはずが…。

ジャパニーズ・マネー・シャッフル
4つのクリアケースの打ち1つにお札を入れ、それを当てるという物。名作「サイドウォーク・シャフル」と同等の現象をお札で、再現。しかもノーギミックですので、最後は手渡し可能です。

カラーカップ&ボール
色つきのカップとボールで行うカップ&ボール。色により移動が明確に。また、位置交換やカラーチェンジなど、現象のバリエーションが増えて、楽しい手順になっています。

フラッシュ・バック(パフォーマンス・オンリー)
ツイスティング・ジ・エーセスにクライマックスを2つプラスした様なマジック。マニアックな現象ながらスッキリしたハンドリングです。

ウィニング・ザ・レインボー(パフォーマンス・オンリー)
レインボーデックを使った不思議な不思議な予言のマジック。クライマックスも見事です。
関連商品
ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

構成がよく出来ている
星

松葉カニ太郎


 演じるために道具を用意したり、自作する必要が多々ありますが、ゆうきさんらしい、素敵な作品が揃っています。超不思議ではありませんが、色々と楽しめる内容だと思います。


★トンボガエリ
文字で読むとすごく魅力的なマジックに見えますが、映像を見ると、手順が長くてあまり不思議に見えません。これを一番期待して購入しただけに、少し残念です。しかし、よく考えられた手順だなと感心しました。まったく無駄がありません。頭脳派マジシャンの、本領発揮といったところでしょうか。


★ダブル・プレイ(バージョン#1)
ビンバーワレットを使う手順なので、好み分かれるところだと思いますが、構成が相変わらずうまいです。2段目は意外性があり、笑いが起きると思います。


★E-Zスペル
私はスペルバウンド自体が地味なので、やる気がしないのですが、スペルバウンドが好きな人なら、気に入るかもしれません。


★モンキー・ミーティング
ギミックを使うことと、フェイクパスを用いることが、個人的にはNGです。なるほど、とは思いますが、コインアセンブリーは他にいい手順がありますからね・・・


★オルラムバンクナイト
これが一番いいですね。タイトル通りオルラムサトルティーを使用するのですが、クリアケースでやる方が、トランプよりも説得力があります。道具を作るのが手間なのですが、やる価値あります。これだけ簡単で、効果のあるマジックもないかと思います。お客さんとのやりとりも楽しめ、素晴らしいの一言です!


★ジャパニーズ・マネー・シャッフル
これも良いですね。トランプでやるより、お札の方がウケもいいですし。またフラストレーションカウントも使う道具が違うと、見え方も違うのだなと感心しました。ただ道具を作るのが少々手間だということと、個人的には、トランプで行うバージニアシティーシャッフルの方が、よりフェアで好きです。でもこのようなモンテ風のトリックは、面白くて大好きです。


★カラーカップ&ボール
そんなに不思議なわけではないですが、色を使うことで、従来とは異なった移動現象を表現しているのが面白いです。一番の欠点は、道具を揃えるのが難しいです。100円ショップで探しましたが、全て揃えるのは骨が折れました。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。