• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

ニューヨーク・コイン・マジック・セミナー 5~7巻

商品画像
サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル

ニューヨーク・コイン・マジック・セミナー 6巻

¥ 5,000

お馴染みとなったニューヨーク・コインマジック・セミナー。早いもので3度目のDVD化です。

今回からジェフリー・ラタが離脱。デビッド・ロス、マイケル・ルービンシュタイン、マイケル・ギャローの3人体制になりました。だからと言っても戦力ダウンと思う無かれ。強力なゲストたちの参加により、むしろ豪華な顔ぶれになっています。

ジャコモ・ベルティーニ、カイノア・ハーボトル、エリック・ジョーンズといった怪物たちは今作の目玉と言っていいでしょう。異常なまでの技術レベルに、どうぞ腰を抜かしてください。

今回のテーマは一応、出現・消失・貫通となっております。ですが、テーマと関連の薄いトリックもチラホラと……。そのぶんバラエティに富んでいて面白いです。シリンダー&コインなどのヘビーな作品も満載で、見応えのある内容に仕上がっています。

各巻2時間半を超えるボリューム。他では滅多に見られないハイクラスのコインマジックをたっぷりとお楽しみください。


INIT

■Productions and Vanishes
Triple Play - マイケル・ルービンシュタイン
パースを取り出しますが、中身が入っていません。そこで、空中からコインを次々に現し3枚出たところで、今後は1枚ずつ消します。再度1枚ずつ3枚出して、その3枚を一片に消します。パースをひらくと3枚のコインが入っています。
Bologna Debut - マイケル・ルービンシュタイン
2枚のプラスチックが銅貨になり、続けて銀貨に変わります。これをポケットにしまいますが、空中からまた2枚銀貨が出てきます。それをテーブルに並べ、あと2枚必要な事を述べます。テーブルを見るとコインが4枚になっています。
Two Card Reverse Matrix - マイケル・ルービンシュタイン
2枚のカードで行うリバース・マトリックス。見事な手順です。
Hanging Coins - デビッド・ロス
クラシックとなったハンギング・コイン。
Four Coin Production - マイケル・ギャロー
ワンコイン・ルーティンをちょこっとし、コインをテーブルに擦りつけると4枚になります。
Variation Hanging Coins - カイノア・ハーボトル
ハンギング・コインを進化させた手順。4枚とも消えてから、美しく再出現します。
Pendulum Hanging Coins - カイノア・ハーボトル
ハンギング・コインの別バージョン。4枚から1枚になったところでワンコイン・ルーティンをし。最後にまた1枚ずつ出てきて4枚になります。

■Penetrations
Coins Through Table - マイケル・ルービンシュタイン
コイン4枚が1枚ずつテーブルを貫通します。シンプルできれいなハンドリングです。
Coin in Bottle - デビッド・ロス
オーソドックスなコイン・イン・ボトル
International Penetration - マイケル・ギャロー
グラスの上に乗せたデックを、3種類のコインが貫通していきます。2枚貫通させたところで、その2枚を観客に握らせ、ラスト1枚は手の中に飛び込みます。
Coins to Espresso Cup - マイケル・ギャロー
コーヒーカップに4枚のコインを入れます。ペンでコインを突くたびに1枚ずつ貫通してテーブルに落ちます。3枚貫通したところで、その3枚を観客に握らせ、残りの1枚を拳の上に乗せます。そのコインをペンで突くと観客の拳に入ります。
Cylinder and Coins - ジャコモ・ベルティーニ
名作「シリンダー&コイン」をジャコモ・ベルティーニが料理。激しくてステキな手順です。

■Bonus Section
Seminar Show Performance - マイケル・ルービンシュタイン
ルービンシュタインによる10分間のコインマジックショー。解説はありません。
Classic Palm Discussion - デビッド・ロス
コイン・マジックの要であるクラシックパームについて、ロスが秘訣を語ります。全てのコインマンに有益な情報だと思います。。
Workshop Bonus Footage - マイケル・ルービンシュタイン
ルービンシュタインが自身のウェイブ・チェンジを丁寧に教えます。非常にビジュアルで強烈なチェンジです。ぜひマスターしてください。
Bottomless Cup Performance - マイケル・ギャロー
4枚のコインが1枚ずつカップを通り抜けます。上の「Coins to Espresso Cup」と似た感じです。解説はありません。
INIT

■Productions and Vanishes
Clipless Clip - マイケル・ギャロー
4枚の銀貨とチャイニーズ・コインを握ります。手を開くと銀貨が全て消えています。 コインクリップを使わずして複数のコインをまとめて扱うアイディアです。これはズルい。
Smooth as Silk - マイケル・ギャロー
4枚のコインのハンカチにくるんでから消します。上と同じアイディアを使います。
Portable Hole - デビッド・ロス
デビッド・ロスの代表作。芸術品です。
Case Solved - マイケル・ルービンシュタイン
コインにサインをしてもらい、カード当てに使うと言います。カードを1枚選んでもらったらデックに戻し混ぜます。サインされコインがデックの上で消え、デックを見ると選ばれたカードも消えており、両方ともカードケースの中から出てきます。
Fort Knosx - ジャコモ・ベルティーニ
コインのデザインが印刷された円形の紙からコインが1枚、2枚と出現します。続けて3枚目が出ますが、コインでは無くツルツルの金属です。これを円盤に擦りつけると、表模様、そして裏模様と出てきて普通のコインになります。
Four Coin Vanish - カイノア・ハーボトル
4枚のコインに平手打ちをするとまとめて消え、また手を叩くと再出現します。

■Penetrations
Coin Through Table - デビッド・ロス
4枚のコインが1枚ずつテーブルを貫通します。流れるような手順です。
Coin Through Table(No HPC) - デビッド・ロス
ハン・ピン・チェン・コイン・トリックをハン・ピン・チェン・ムーブを使わずに再現します。
Squash - デビッド・ロス
4枚のコインをテーブルに重ね、上から手をかぶせます。この状態から4枚いっぺんにテーブルを貫通します。
Signed Bill Through Quarter - マイケル・ルービンシュタイン
シガレット・スルー・クォーターの巧妙な見せ方。
Penny Roll - マイケル・ルービンシュタイン
紙の筒に入れたコインがせり上がります。ライジング・カードのような感じです。
Cylinder and Coins - マーク・デスーザ
「シリンダー・アンド・コイン」の割と正統的な方法。きっちり演じていて作品の良さ出ています。

■Bonus Section
Tuning Fork Performance - デビッド・ロス/dt>
音叉を使った洒落たマジック。解説はありません。覚えたい方は「スターズ・オブ・マジック9」をどうぞ。
Workshop Bonus Footage - マイケル・ギャロー
コイン3枚がパースへ移動するトリックが解説されています。本編でレクチャーしているネタよりも面白いので、ぜひ覚えてください。詳しいギャロー・ピッチの解説もあり、ためになります。 そして、もうひと手順。コインボックスに入れた4枚のコインが一度に脱出します。インパクト大です。
Coin Through Table Performance - マイケル・ギャロー
4枚のコインが1枚ずつテーブルを貫通し意外なオチへ。ステキな手順ですが解説はありません。
Workshop Footage - ジャコモ・ベルティーニ
スペルバウンドのレクチャー。彼独特の指使いを学んでください。
Tai Chi - エリック・ジョーンズ
コインが観客の体の色んなところに移動するワンコイン・ルーティンをしてから、空手コイン・ルーティンに。それにしてもこのマジシャンは上手いです。
INIT

■Productions and Vanishes
Coin Cut - デビッド・ロス
ラリー・ジェニングスのコイン・カット。
Pockett Counterfeiter - マイケル・ギャロー
パースフレームからコイン4枚の取り出し。サトルティが効いています。
Circles - マイケル・ギャロー
クレジットカードを拳に通すたびにコインが出てきます。
The Black Hole - マイケル・ルービンシュタインス
小さな黒い円盤(ブラックホール)をテーブルに置きます。4枚のコインを1枚ずつブラックホールに投げ入れます。全部のコインが吸い込まれたところで、円盤はふくらみパースになります。パースを開くと4枚のコインが入っています。起承転結のストーリーに沿って現象が起こるので面白いです。
Mint Condition - マイケル・ルービンシュタイン
サインしたコインがブレスケアシートの容器に飛び込みます。
Coin and Corners - ジャコモ・ベルティーニ
テーブルの四隅からコインを出現させていきます。オープニングにどうぞ。高難度ですが……。
Flying Wombat and Squishy - カイノア・ハーボトル
コインの完全消失(に見えるバニッシュ)を2種。レイブンのように消す方と、つまみ潰して消す方法。たった1枚の消失ですが、立派なマニア殺しエフェクトになっています。

■Penetrations
Coins Through Mini Table - デビッド・ロス
3枚のコインが1枚ずつミニチュアテーブルを貫通します。最後はミニチュアテーブルがテーブルを貫通します。
Three Times Through - マイケル・ギャロー
ハンピンチェン・コイントリックのバリエーション。3回テーブルを貫通しますが、回を増す毎にパワーアップしていきます。
Stand Up Coins Through Table - マイケル・ルービンシュタイン
立ってできる(ラッピングを使わない)コイン・スルー・ザ・テーブル。
Karate Coin - マイケル・ルービンシュタイン
空手コイン・ルーティン。親指に突き刺すのはどうでしょう。
Ramsay without Tears - マイケル・ギャロー
またまたシリンダー&コイン。比較的やさしく実用的だと思います。

■Bonus Section
2007 Bonus Footage - デビッド・ロス
ワークショップの模様。技法の細かいコツからルーティンの組み方まで。内容は色々。
Ramsay Three Coins in Hat - マーク・デスーザ
ジョン・ラムゼイのクラシック・トリック。なかなか風流です。
Inperceptual Purse - ダン・ワトキンス
パースフレームからコイン3枚の出現。この3枚でコインズアクロス。そして3枚がパースフレームの中に消えていきます。よく練られた現象です。
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

コインの怪物が勢揃い!!
星

マジマジシャン


僕の好きなハーボトルやベルチニが参加というところに魅力を感じましたが、相変わらずマニアックで堪能!!エリックジジョーンズは、本当にうまいですね!!こんど彼のみのDVDか
レクチャー本がでたら欲しくなってしまいますよ!
まあ全部を習得するには半年はかかるかも!!
でも
難しいほうが燃える方にはお勧めです!!
ガチガチのコインマニアになりましょう!!


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。