• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

オンリー・スライトリー・スライティー

商品画像
ジャンル DVD / カード
シチュエーション クロースアップ
メーカー名 Big Blind Media
マジシャン名 ライアン・シュルツ
価格 ¥ 3,800
難易度 星
紹介ツール

"賢さ"に"ずる賢さ"を塗り重ねたカードマジック作品集です。

ライアン・シュルツは、これまでに不可能性の高い作品をいくつも生み出してきました。どれも高難度のスライトを駆使しているわけではございません。数理原理や心理的盲点を巧みに使いこなし、マジシャンでも追えない手順を作り上げています。

今回はタイトル通り、ちょっとだけスライトを使ったトリックが収録されております。と言っても、どれもスライト感はありません。解説を見るまで気付かない人もいるのではないでしょうか。それほど自然で無理のないスライトです。

セルフワーキングをベースにしたものでも機械的な手続きを極力省き不可能性をさらに高めています。そこにはスライトだけでなく、細工をしたカードをこっそりと活用していたりします。これは"ずる賢さ"の一例です。

不可能性には、マジシャンが何もしていないという要素が大きく寄与します。観客にデックを混ぜてもらったり、観客自身にカードを配ってもらったりと、マジシャンが何かしようにもできない印象を与えています。演出面も素晴らしく、観客参加型で楽しく仕立てています。とりわけ、観客に花を持たせる手順はおおいに沸くことでしょう。

解説の聞き役は、マジシャンであるリアム・モンティアです。彼が前のめりで聞き驚いていることからも、良い作品ということが伝わってくるかと思います。

マニアも驚く手順が満載です。ライアン・シュルツの魅力をぜひ再確認してください。

Future Card
デックを広げ、観客に1枚選んでもらいます。そのカードは表を見ないまま、脇によけておきます。マジシャンと観客でデックをしっかりとまぜ、それぞれ自由に選んだカードを使います。テーブルに置かれていた名刺の指示に従って、2枚のカードからまったく新しいカードを作ります。最初に観客が選んだカードを見ると、なんと同じです。
Shuffles Therapy
観客にデックをよく混ぜてもらい、カットした分け目のカードを覚えてもらいます。それから、カードをデックに戻し、マジシャンとともにデックをぐちゃぐちゃに混ぜます。この状況で観客のカードを当てます。
Long Way Out
観客に3枚のカードを選んでもらったら、表を見ないでそのままケースにしまいます。マジシャンが適当にカードを配っている最中に観客にストップと言ってもらい、3つの山を作ります。さらに、それぞれの山からカードを配り、観客2人とマジシャンの前に3つずつ、計9つの山を作ります。トップカードをめくると、各自の山には同じ3枚現れます。ケースに入れたカード3枚を見ると、さきほどと同じ3種類の数字で、見事フォー・オブ・ア・カインドが完成します。
Any Card to Any Sum
これは、とりわけ不思議です。観客Aに10枚弱のカードを選んでもらったら、脇によけておきます。観客Bには残りのデックから1枚選んでもらったら、デックに返してもらいます。脇によけていたパケットを観客Aに渡し、表と裏をぐちゃぐちゃに混ぜてもらいます。表を向いているカードの数字を合計してもらいます。仮に17とします。デックのトップから17枚配ると、なんと観客Bの選んだカードが現れます。
Magic Camp
ポストイットを使った演出がユニークです。3人が各自の山のトップカードを覚えたらポストイットに書き留めておきます。それから手にしている山を他の人と交換したり、カードを混ぜたりし、表と裏を混ぜたりとカードがどこにいったか分からなくします。各自の山を広げると、1枚だけ裏向きになっています。自分のポストイットを目の前の裏向きのカードに貼ります。ポストイットに描かれたカードを読み上げて表を見ると、3人とも見事一致しています。
Combined
両面に違う数字が描かれたカード数枚を示し、封筒に1枚ずつ入れます。観客Aに封筒を表裏ぐちゃぐちゃに混ぜてもらいます。観客Bにはデックから1枚のカードを選んでもらったら、適当な場所に戻してもらいます。封筒からカードを取り出し、見えている数字を足していってもらいます。仮に21としましょう。観客Bにデックを渡しカードを配ってもらうと、なんと21枚目は観客Bの選んだカードです。
We Do as We Do
観客にもマジシャン役をやってもらい、お互いがカードを当てる演出です。これは大ウケでしょう。観客もマジシャンもそれぞれ1枚ずつ相手からカードを選びます。カードをデックに戻して混ぜて2つに分けたら、マジシャンと観客が持ちます。観客とマジシャンは手にした山から適当にカードを捨てていき、途中で観客にストップと言ってもらいます。その時のカードを裏向きのまま横によけて、最初に自分の選んだカードを申告します。マジシャンのカードをめくると、それは観客が最初にカードです。観客のカードをめくると、マジシャンが最初に選んだカードです。
関連商品
ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

レビューはありません

pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。