• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

コスチャ・キムラット レクチャーノートセット

商品画像
ジャンル 書籍 / レクチャー・ノート
メーカー名 マジックランド
マジシャン名 コスチャ・キムラット
価格 ¥ 7,020(税込)
難易度 星
メモ おすすめ
紹介ツール

コスチャ・キムラットはウクライナ出身の24歳。世界最年少で「Magic」の表紙を飾ったマジック界の新星です。センス、テクニック、ショーマンシップとどれをとっても一流で、既に”21世紀を代表するマジシャン”と言われています。

2006年、「箱根クロースアップ祭り」のゲストとして来日しました。これは、その際に刊行されたレクチャーノートです。「カードワーク・カードプレイ」、「レクチャーコレクション in 箱根」の2冊と実演CD-Rのセットとなります。

彼を語る上で、”ロードランナー・カル”という技法は欠かせません。彼のカルには淀みがなく、まるで川の流れのようです。動画でお見せできないのは残念ですが、「本当にカルをしているの?」と目を疑ってしまう程です。 そして、”カードアライメント”。2枚のカードを揃えるというシンプルな動作ですが、様々な場面で使えます。この2つの技法ができれば、間違いなくカードマジックの幅が広がります。是非習得してください。

もちろん、マジックも大変素晴らしいです。斬新かつインパクトのある現象のオンパレード。デック1つで、これほどまで観客を楽しませることができるマジシャンはそうはいないでしょう!?

付属のCD-Rで演技を楽しんだ後は、レクチャーノートで技法・マジックのコツを学ぶ。キムラットのマジックがあなたの血となり肉となる最高の組み合わせです。

”21世紀を代表するマジシャン”というフレーズ、決して誇大広告などではない事をお分かり頂けると思います。

アンダカバー・フォース
デックをスプレッドし、一枚のカードを触れてもらうフォース。裏面を見せないので、色違いのカードをフォースできます。4種類のやり方を解説。
トランプ実験
アライメントムーブであるダブルディール・ターンノーバー、ベーシック・スリーウェイ・カウント、アンダーカバー・スリーウェイの解説。
アンダーカバー・ダブル・ターンノーバー
トップカードを裏返す時、トップから3枚目のカードも一緒に裏返す方法。3枚目のカードは2枚目のカードでカバーされているので、裏模様が違う場合に効果的。
ストリームラインド・スイッチ
アウトジョグした4枚のカードとボトムにあるカードをスイッチする方法。観客の触った4枚のカードが全てAというマジックもできます。
フラッシュ・フリー・ノーラップ・スイッチ
ノーラップ・スイッチに優れた技術上の工夫をしたもの。
アンビシャス・エゴ
客のサイン入りカードでアンビシャスカードを演じます。最後はそのカードの裏模様が変わります。
ゼファー・プロダクション
かっこいい4枚のQプロダクション。デックをトスすると、デックのトップに表向きでQが現れます。もう一度、デックをトスすると、両手には4枚のQが現れます。
「デカルトの悪魔」のためのトリック
赤裏のデックから1枚のカードを選んでもらい、サインしてもらいます。このカードをデックのボトムに戻しますが、トップに来ます。これを何度か繰り返します。マジシャンはデックの中のすべてのカードを青裏に変えてしまいます。ただし、観客のサインしたカードだけは、青裏でもなく、別の柄模様になっています。
ガラの視線に惑わされて
デックのトップにあるQが消え、観客のカードに現れます。しかし、またQに戻ります。
ソリタリー・コンファインメント
観客A、Bにそれぞれ1枚ずつカードを選んでもらいます。指を鳴らすと、デックのトップから観客Aのカードが現れます。マジシャンはカードケースに向かって、デックをリフルします。カードケースを取り上げると、中に1枚のカードが入っています。そのカードは観客Bのカードではなく、観客Aのカードです。ふと、デックを見ると、観客Bのカードがデックのトップに現れています。
アンダーカバー・ラプソディー・イン・ブルー
凝りに凝ったモンテ。カードアライメントの良い練習になると思います。
ハウス・パーティー、あるいはトライアンフィング・カル-エレクターズ
ロン・ウォルトンのコレクターズを彼流にアレンジ。トライアンフ、「コレクターズ」のカードの出現、客のカードの出現と3つの現象が合体しています。
サタン・モンテ
観客のサイン入りカードをマネーカードとしたモンテ。3枚のカードを混ぜ、サイン入りカードを探そうとしますが、当たりません。今度は、サインの入っていないカードを探してもらいますが、3枚全て観客のサイン入りカードになります。しかし、もう一度カードを見ると、そこには観客のサイン入りカードはありません。予めテーブルに置かれていたカードケースの中には、裏模様の違いカードが1枚入っています。そのカードの表を見ると、観客のサインがされています。
オーランド・オープナー
観客A,Bにそれぞれカードを選んでもらい、デックに戻します。マジシャンがおまじないをかけると、デックから1枚のカードが飛び出てきます。それが、観客Aのカードです。そのカードを弾いてひっくり返すと、それが観客Bのカードに変わっています。
ジャスト・ジョーカリング
「オーランド・オープナー」のバリエーション。ジョーカーを使った面白い演出です。
フォー・ザ・イージー・ウェイ
観客の選んだカードを3枚のカードを使って当てようとしますが、外れてしまいます。その3枚のカードがテーブルに置き、観客のカードを尋ねます。すると、テーブルに置いていた3枚のカードが観客と同一の数字に変わっています。
マリッジ・アラモード
ドク・イーソンの「アニバーサリー・ワルツ」のバリエーション。観客のサイン入りカード2枚がデックを広げる度に表向きになります。さらに、2枚のカードを観客の手の中でくっつき、1枚のカードになります。
シングル-ダブル・ソート
2人の観客に、それぞれ1枚ずつカードを見て覚えてもらいます。演者は2枚の予言のカードを抜き出し、観客の前に並べます。観客がそれぞれ自分の覚えたカードの名前を告げ、そのカードをデックから抜き出す。裏向きで置いていた予言のカードをひっくり返すと、それぞれの観客のカードのメイトになっています。
バーガーキング・カードトリック
観客の選んだカードを、マジシャン(もしくは、別の観客)が当てます。見せ方が巧妙なセルフワーキングマジック。マジシャン相手でも驚かれると思います。
巣に戻る
ピーナッツを使った小粋なマジック。殻入りのピーナッツを握りしめます。手を開くと、ピーナッツの殻は消え、豆だけが手に残っています。いつの間にかマジシャンの口の中から殻が出てきます。手に持った2つのピーナッツのうち、1つを口に入れて食べます。しかし、おまじないを掛けると、マジシャンの手には2つのピーナッツがあります。最後には、手の中のピーナッツが殻付きのピーナッツになります。
キャッチー##
観客に1組のデックの中から7枚のカードを選んでもらい並べます。その数字を見ると、マジシャンの電話番号です。もう1度、7枚のカードをシャフルさせ、適当な順番に並べ替えてもらいます。そのカードを見ると、なんと観客自身の電話番号になっています。
ライセンス・トゥ・スチール
数字とアルファベットがランダムに並んだ紙を観客に渡します。観客にその紙を背中の後ろに回し、ペンで線を10本ほど書いてもらいます。その紙を見てみると、文字の上に線が通っている箇所があります。その文字を読んでいくと、観客の車のナンバープレートと同じです。
カルーグラ・ハードコア・トライアンフ
観客にカードを1枚見てもらったあと、観客自身が表向きと裏向きでデックをシャフルしたのに、なぜか観客のカード以外は全て同じ向きになります。
ロードランナー・カル
彼の代名詞とも言える技法。素早く、かつスムースにカルができます。4ページにわたり、詳細に解説されております。
シューリエン・リローデッド
観客のカードが空のデックケースから出てきます。そのカードをデックに戻しますが、またカードケースの中から出てきます。
パンドラのカード・ボックス
3枚のカードを選んでサインしてもらい、デックに戻します。1枚目のカードはへースの下から現れます。2枚目は、ケースの中に入ったと、とマジシャンは言います。しかし、ケースの中を開けると、中から小さいケースが出てきて、さらにその中から小さいカードがでてきます。だが、一瞬にしてその小さなカードは観客のカードに変わります。3枚目のカードは、小さいケースから折り畳まれた状態で出てきます。
  • カードを使ったマジック
  • フラリッシング・アウェイ:技術とスタイルを結びつけるもの
  • マジック博士号
  • マジックそのもの
  • 完全な組み合わせについて再考する
  • 関連商品
    ユーザーレビュー
    • 全てのレビューを見る
    • この商品のレビューを書く

    新しい発見でいっぱいです!
    星

    とり吉


    ここのところ、マジックを覚えるのにDVDばかりに頼っていたのですが、このレクチャーノートは最近流行り(?)のDVD付属の書籍ということで購入致しました。
    本の内容はカードマジックに対してのある程度の予備知識が必要で、解説に挿絵は一切使われていないので注意が必要です。ただ質の高いものが多かったので読み応えはあるかと思います。
    マジックの解説文は堅苦しくない、冗談も織り交ぜた内容で軽い感じで読めます。コラムではキムラットのマジックに対する考え方がうかがわれ、とてもためになりました。ただ、技法の出典に示されている書籍の中には、国内では手に入りずらいものも含まれているので理解に苦労する箇所もありました。
    気になるDVDの内容はというと、トライアンフや3カードモンテなどの主要な収録マジックの演技を実演してくれています。
    DVD収録の技法はアライメントムーブ、ストリームラインド・スイッチなどキムラット考案の目新しいものが解説、実演されています。目玉のロードランナー・カルはというと、両手の間にカードを一回スプレッドしてゆく間に、デックの赤黒を分けることが出来ます。キムラットのようなスピードで出来るようになるには一年以上は月日を要すとは思いますが、アンチファローのような無茶(?)な技法ではなく、「合理的に出来ているなぁ…。」とわたしは思いました。
    解説はレクチャーノートに詳細に解説されていて、実演だとDVDの中にトライアンフの演技として収録されています。
    トライアンフはフォールスシャッフルを一切使わないタイプで、私もいつかは出来るようになりたいと感じました。
    最後に長くなりましたが、このレクチャーノートのセットはカードマジック好きにこそ、是非みてもらいたい内容だと思いました。

    マニアック!
    星

    katobun


    カーディシャンを自称するならぜひ観ておく内容です。
    テクニックも新しく難しいですが、練習によって身に付くものばかりです。(ロードランナー・カルは別格)
    マジックの内容もテクニックのみならず、クレバーな解決法が学べます。(特にコレクターズなど)
    付属のCD-Rは演技のみですが、観ていて楽しく飽きません。
    テキストも挿絵がなく文字のみですが、工夫されており読みやすいです。
    引用される技法についての解説がないので、理解するのに苦労する箇所もあります。
    (テクニカルなカードマジック講座1&2にはほとんど載っています。)

    コスチャ・キムラット レクチャーノートセット
    星

    蝌蚪


    商品内容…ノート2冊+演技CD1枚
    技術レベルとしては中級者以上を推奨。
    ・良い点
     カードワークカードプレイに収録されている技法は習得に時間は要するが、あまり知られておらず実用的。また、同著に載っているマジックは難しいが、セットも少なく不思議。
    レクチャーコレクションは幾つかの作品についてはあまり感銘を受けなかったが、まあまあの内容。どちらの本も堅苦しくない文章で書かれていて読み易い。
    ・悪い点
     演技CDの解説が丁寧でない。また、氏のパームは荒い。

    マニア限定商品 いろいろな意味で。
    星

    あっさ


    紹介されている「技法」は使えます。でも習得にはとても時間が必要です。素人相手に見せる時には必要ないです。演者の負担が少ない、優れたマジックは他にたくさんあるんですから。

    カードマニアを引っかけたいと思ってるマニアさんにこそ買われるべき。

    収録されている作品は素晴らしいものが多いですが、中には複雑なもの(良く言ったらマニアック)、無理やり「技法」にこじつけてる感が否めないものもあると感じました。ある程度自分でアレンジする力が必要です。

    あと参考までにレクチャーノート2冊とも挿絵はありません。
    CD-Rの映像はノート前提な感じで詳しくは解説していません。

    すごいです。
    星

    オタク手品師


     カードマニアはマストバイの内容です。演技における貴重なコメントが至る所にあります。
     技法についての説明のない引用がありますので、初めて間もない人はカードマジック事典やカードカレッジ、DVDならグリーンマジック、アルテメットカードセッションなど参考に読み進めて下さい。
     時間をかけてマスターしたいです。
     


    pagetop
    当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。