• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

ワイズワークス 6巻

商品画像
ジャンル DVD / オムニバス
メーカー名 UGM
シリーズ ワイズワークス
マジシャン名 ゆうき とも
価格 ¥ 4,104(税込)
難易度 星
動画 動画を見る動画マーク [size:10.3MB] 
メモ おすすめ
紹介ツール

言わずと知れた大ヒットシリーズの第6弾!これまた傑作ネタ満載です。

クロースアップ向きのすてきな現象が揃っています。 もちろん、ゆうきともの事ですから、どれもが見事に実用的です。いくつかは確実に即戦力になるでしょう。 とりあえず買っておいて間違いありません。





【収録内容】

マネーゲーム・ルーティン
テンヨーの「マネーゲーム」を使った3段のルーティン。予言の現象として見せる事で、道具が持つ弱さを解消しています。

E-Z ビル・チェンジ
2種類のお札を取り出し、片方を封筒に入れます。残ったお札を振ると、封筒に入れたはずのお札に変化します。そして封筒の中のお札も変わっています。ゆうきとも自身がペットトリックにしている、実に良くできた作品です。

スーパー・マイナー・トライアンフ
3段からなる珠玉のパケットトリック。観客が思った数字をあて、そのカードだけが表向きに現れ、さらに……。これは是非レパートリーに!セルフワーキングですし。

P&C
予言のカードを3枚出したら、2人の観客にカードを選んでもらいます。1人目のカードを予言の3枚に加えるとフォー・オブ・ア・カインドになります。しかし、これではもう1人のカードを予言できないのでは……。いえいえ、ミラクルがあります。

チャイニーズ・コインセプト
コンパクトにまとめたコイン・スルー・ザ・テーブル。軽いノリでできる実用的な手順になっています。

オセロ
比較的簡単にできるリバース・アセンブリー。サトルティの効いた手順です。演出も参考になります。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
5色のビー玉を使った予言。2人の観客に1つずつビー玉を選んでもらいますが、マジシャンが先に選んでおいた物一致します。サロンでも演じられます。

おまけ(演技のみ)
「仲間はずれ」、「ジャンケンマスター」、「プレいディクション」のデモンストレーション。解説はありません。
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

P&Cとスーパー・マイナー・トライアンフ
星

エミュール


★マネーゲーム・ルーティン
悪くはないですが、私はどうしても最初のマジシャンズチョイスの部分が好きではないです。ただこのテンヨーの道具は持っていないのですが、どうなっているのか不思議に感じました。


★E-Z ビル・チェンジ
ビルチェンジは、いろいろありますが、相当簡単にできる部類のトリックです。最近ではリチャードサンダースが、かなり派手なトリックを発表していますから、これを自分の演技に組み込むかどうかは個人的な尺度によると思います。ただ、こういうやり方もあるのかと、感じました。


★スーパー・マイナー・トライアンフ
派手さはないのですが、完全な即席ですし簡単ですし、この中で2番目にいいトリックだと思いました。特に3段目も部分が本当に優れていると思います。うまくいけばなんでそうなるのか絶対に見破れませんから。「なんかやって」といわれたときに重宝しそうなマジックです。


★P&C
これが一番いいトリックですね。最初のカードのセレクションについては、工夫の余地があると思いますが、それ以外は完璧です。使う技法もエルムズレイカウントだけですし、予言と変化の現象がうまく組み合わさっていると関心しました。P&Cってなんのことなんだろうと思っていましたが、「プリディクション」と「チェンジ」の略だったんですね。


★チャイニーズ・コインセプト
私はコインマジックはほとんど演じないので、これはどうなんでしょうか。いい手順なのかはよく分かりません。


★オセロ
実用的ですけれども、この手のマジックは多くの優れた手順が発表されていますから、自分の知っている手順に比べると・・・って感じですね。悪くはないと思いますが。


★ダイアログ・イン・ザ・ダーク
現象が地味なことと、不思議さが弱い点から、自分は演じたいとは思わないですね。もう一工夫何かを加えれば、見違えるようなマジックになるのかと思いますが、これ単体ではちょっと・・・


★おまけ(演技のみ)
「仲間はずれ」、「ジャンケンマスター」、「プレいディクション」はどれもおもしろく、優秀な作品だと思います。こういうおまけがついてくるのも、このシリーズの魅力だと思います。


 全体的に「P&C」と「スーパー・マイナー・トライアンフ」はぜひ知っておきたいトリックだと思います。しかし他のトリックに関しては評価が人によって分かれるのではないでしょうか。

 レパートリーは増えると思いますし、買って損はないと思いますが、ワイズワークスの「7」や「2」に比べると若干落ちると思います。ゆうきさんと言えども、全部がいいトリックを発表することは出来ないでしょうからね。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。