• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

バウンドレス

商品画像
ジャンル DVD / カード
シチュエーション クロースアップ
メーカー名 Script Maneuver
シリーズ 日本語字幕付きDVD
マジシャン名 ダニ・ダオルティス
価格 ¥ 6,380(税込)
難易度 星
メモ おすすめ
紹介ツール

カーディシャンの方、お待たせしました。スペインの至宝、ダニ・ダオルティスの最新作です!

やはり彼は期待を裏切りません。今作も圧倒的なクォリティーです。DVD2枚組で、マジック編とテクニック編に分かれています。

まずマジック編。相も変わらず、超絶不思議なトリックが9つ収録されています。たとえマニアであっても、何ら手掛かりが掴めないものもあるでしょう。怪しい箇所が見当たらないからです。彼が凄いのは、決して対マニア用の作品だけになっていないことです。すっきりとしたプロセスと強力な現象は、万人受けすること間違いありません。レパートリー候補が見つかるはずです。

テクニック編では、「技法を見えなくするための工夫」を紹介。力技ではなく、構造上の工夫で技法臭さを消すことを実現します。タマリッツやレナート・グリーン 、クリスチャン・イングルムといった凄腕マジシャンが編み出した技法を、彼なりに解釈し使いやすいように再構築したものも見どころです。

嬉しい日本語字幕付きです。世界最先端のカードマジックを存分に吸収してください。

ワンモア・オープン・プレディクション
マジシャン殺しのオープン・プレディクション。観客にデックをよく混ぜてもらいます。マジシャンがカードを1枚ずつ配っている最中に、好きなところで観客にストップと言ってもらいます。一度ストップと言われても、観客の要望があれば、さらにカードを配ります。偶然選ばれたカードが、最初に言った予言と一致しています。
コインシデンス
ミラクルな偶然。観客にデックを半分ほどで分けてもらいます。できた2つの山を、マジシャンと観客で1つずつ持ちます。お互いそれぞれの山からカードを選んだら、適当に混ぜたり配ったりして、どこにあるか分からなくします。お互いの山から1枚ずつカードを見ていくと、同じ枚数目に選んだカードがあります。
ミドル・カード
ダニのお気に入りトリック。観客の選んだカードを裏向きにし、別の表向きのカード2枚で挟みます。この3枚を、観客にデックの好きな箇所に戻してもらいます。マジシャンがデックをカットすると、観客のカード1枚が飛び出てきます。
ワオ・プレディクション
サカートリック風の予言マジック。これは思わずワォと言ってしまうでしょう。青裏のデックを観客に渡し、机の下で1枚のカードを裏返しに入れてもらいます。マジシャンは赤裏のデックを広げ、表向きの予言のカードを示します。青裏のデックから観客のカードを探すと、それは数字しかあっていません。間違いかと思いきや、デックを広げると同じ数字の2枚が表向きになっています。それだけではありません。観客のカードを裏向きにすると、それは赤裏だったのです。
イマジナリー・ダイスII
想像上のサイコロを使って、2人の観客に数字を決めてもらいます。その数字を足した枚数目から、観客の選んだカードが出てきます。
ホフジンザー
デックを2回カットし、それぞれのボトムカードの数字を足します。デックのトップからその枚数分配ると、観客のカードが出てきます。
オープン・プレディクション・ダイレクト
まずマジシャンが予言として1枚のカードを言います。観客にカードを裏向きで1枚ずつ配ってもらい、直感でそのカードが来たと思ったら止めてもらいます。もちろん、観客は何の確証もありません。カードを見ると、見事予言のカードです。
マジック・サム
観客にデックからカードを選んでもらったら、カオスな混ぜ方してもらいます。デックをテーブルに置いてもらったら、マジシャンは掌でデックを叩きつけます。すると、観客のカードだけテーブルを貫通します。
フォーン・コード
これはあり得ない予言マジックです。観客Aにはデックから適当な枚数カードを取ってもらいます。マジシャンは残りのデックからカードを取り出し、3×3ないし4×4の形で並べます。観客Bには、自分のスマホのパスコード順にテーブル上のカードを集めてもらいます。その枚数は、観客Aの持っているパケットと同じです。さらに、観客AとBがそれぞのパケットからカードを見ていくと、すべてメイトカードになっています。
Red and Blac Separation(by spectators)
観客数人にデックを混ぜてもらいますが、デックは赤と黒に分かれています。
Red and Blac Separation on the table
赤と黒に色分けしたデックを混ぜても、すぐに色分けできる方法。
Color Separation (Triumph)
トライアンフを演じながら、赤黒に色分けする方法。
Color Separation (Cull)
ホフジンザー・カルを使った色分け。
Color Separation (One Two Separation)
レナート・グリーンのワン・トゥー・セパレーション。上記より簡単な色分け方法です。
Card Control
キー・カードの有用な使い方を類解説。
The Center Card Control
中央にあるカードをコントロールする方法。
Anti Faro False Shuffle
ファロ―シャッフルをしているように見せる方法を数種類解説。実際はデックを混ぜていません。
False Count 1
ちょっと変わったフォールスカウント。左手に持ったカードを1枚ずつ数えながら、右手に渡していきますが、実際より1枚多く見せます。
False Count 2
パケットの枚数を1枚から数枚多くカウントする方法。カード・アクロスに使えます。
関連商品
ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

レビューはありません

pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。