• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

アルティメイト・セルフワーキング・カードトリック

商品画像
ジャンル DVD / カード
シチュエーション クロースアップ
メーカー名 Big Blind Media
マジシャン名 ジェームズ・ウェント
イアン・モラン
オーウェン・パッカード
価格 ¥ 4,200(税込)
難易度 星
メモ 初心者マーク
紹介ツール

これを見れば、セルフワーキングトリックのレパートリーを増やしたくなるでしょう。

このDVDでは、セルフワーキングトリックの隠れた名作が11個学べます。セフルワーキングトリックには冗長な作品が多いのですが、ここにはそういったモノはありません。プロセスがすっきりとしており、現象のインパクトも強いので観客を退屈させません。現象がストレートなモノだけではなく、セルフワーキングでは珍しいサカートリックやダブルクライマックスといった変化のあるモノも入っています。マニアの方でもまだこんなにも面白いモノがあったのかと驚かれることでしょう。もちろん、全てスライト入らずで簡単。これらは戦力になること間違いありません。

セルフワーキングトリックの底力を感じてください。

Contact ColorsAldo Colombini
マジシャンはラッキーカードをデックから取り出し、このカードだけ表向きにして戻します。観客にカードを選んでもらったら、デックに戻してカットします。デックを2つに分け、トップから1枚ずつそれぞれのパケットの前に置いていきます。ラッキーカードが現れたら、隣のパケットのトップカードを見ます。それは、観客のカードです。2枚のカードを脇によけ、4つのパケットのトップカードを見ます。全てAです。さらに、それぞれのパケットを見ると、トップカードのAと同じ色のカードが集まっています 。
ImpossibleMike Austin
あの有名な原理を利用したカード当て。これは巧妙です。観客にデックをシャフルしてもらい、1枚のカードを選んでもらいます。そのカードをデックに戻してもらい、観客にデックを混ぜてもらいます。この状況で、マジシャンは観客のカードを当てます。
Shuffling LessonChad Long
マジシャンと観客はそれぞれのパケットをシャフルし、お互い4つのパケットを作ります。パケットのトップカードを見ると、A4枚とK4枚です。観客にシャフルの仕方を教えるという演出が良い。セルフワーキングくささをうまく消しています。
Henry SugarLiam Montier
観客にデックをシャフルをしてもらいます。マジシャンは後ろを向き、観客に1枚ずつトップからカードを表向きにしてもらいます。絵札が出てきたら知らせてもらいます。マジシャンはそのカードが何か見事に当てます。何枚かカードを当てた後、観客にデックをシャフルしてもらいます。マジシャンは先程と同様に絵札のカードを当てます。
Pre-PrefigurationLarry Jennings / Mark Elsdon
スペルを使ったトリック。マジシャンは1枚のカードを裏向きのままテーブルに置きます。デックを表向きで1枚ずつ配り、観客がストップと言った所でパケットを2つに分けます。片方のパケットのトップカードを見ます。そのカードの文字数分だけ隣のパケットから配り、パケットを2つに分けます。3つのパケットのトップカードと、マジシャンの選んだカードを見ると、全て同じ数字です。
Your Aces Are MarkedTerry Lagerould
簡単で効果的なトライアンフ。マジシャンはリボンスプレッドし、適当に4枚のカードを突き出します。この状態で、表と裏ばらばらに混ぜます。おまじないを掛け、デックを広げると、A4枚のみ表向きで、残りのカードは全て裏向きになっています。
ShuffleboredSimon Aronson
マジシャンは折り畳んだ紙をテーブルに置きます。観客にデックを裏表バラバラにシャフルしてもらいます。紙を広げると、表と裏の枚数などカードがどのような状態にあるか書かれています。確認すると、次々と当たっています。最後は失敗かと思いきや見事当たります。
The 7/16 ClubAlex Elmsley
ダウン・アンダーの原理を用いたマジック。マジシャンはお札をテーブルに出し、観客に賭けをしようと言います。観客に2つのパケットを作ってもらいます。お互い手に持ったパケットからルールに従って1枚ずつカードを捨てていきます。最後のカードを見ると、マジシャンの勝ちです。お札を見ると、マジシャンがどのカードで勝つかという予言が書かれています。
ImpossibleLarry Jennings
観客にデックをよく混ぜてもらいます。マジシャンは後ろを向き、観客に示します。観客に3つのパケットを作ってもらい、その中のパケットからカードを選んでもらいます。パケットを1つにまとめます。マジシャンは表を向き、先程の行程を確認します。Impossibleと言いながら、その文字数分だけカードを配ります。最後に配ったカードを見ると、それは観客のカードです。
4,5,6Al Thatcher
観客にデックをシャフルしてもらいます。デック半分ほど持ち上げてもらい、その分け目のカードを覚えてもらったら、元に戻してもらいます。マジシャンはカードを配り5つのパケットを作ります。どのパケットに自分のカードがあるか観客に聞きます。マジシャンはそのパケットを裏向きで観客に渡し、1枚ずつ表向きに配ってもらいます。マジシャンがストップと言った所のカードを見ると、観客のカードです。
UnbelievableShields, F. Michael And Bascom Jones, Jr
観客にデックをシャフルしてもらいます。マジシャンはデックを広げ、クラブとダイヤのみカードを抜き出します。こうすると、2つのパケットが出来ます。マジシャンと観客はそれぞれパケットを持ちます。マジシャンは表向きで、観客は裏向きで1枚ずつカードを出してペアを作っていきます。ペアを見ると、全てメイトのカードになっています。
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

シャレオツ
星

ヒカル


このDVDの技がなかなかおしゃれで品があります。
個人的に好きなのを書いていきます。

Contact Colors ―― Aldo Colombini
これはよく出来ています。驚きの連続です。準備が要りますが、使えます。

Impossible ―― Mike Austin
カードマジックの中で一番基本な技なのに巧妙です。話術でミスディレクションする感じもあります。準備不要。使えます。

Pre-Prefiguration ―― Larry Jennings / Mark Elsdon
スペルを使ったトリック。おしゃれですね。

Your Aces Are Marked ―― Terry Lagerould
セットがいりますが、他のマジックをやってる途中で仕込みすることが可能です。しかも簡単です。レパートリー行き。

Shufflebored ―― Simon Aronson
かなり古い技ですが、予言マジックの手本と言ってもいいのではないでしょうか。準備が必要。

The 7/16 Club ―― Alex Elmsley
準備不要で、ちょっとしたゲームみたい感じでやれます。セルフワーキングの臭さが若干残っていますが、まぁ、大丈夫でしょう。

Impossible ―― Larry Jennings
Impossibleと言いながら、その文字数分だけカードを配ります。最後に配ったカードを見ると、それは観客のカードです。これもなかなかおしゃれです。

Unbelievable ―― Shields, F. Michael And Bascom Jones, Jr
最終的に全てメイトのカードになっています。なかなか強烈。準備は当然必要です。

全体的に質の高いDVDです。セルフワーキングを勉強したい人にはもってこいの一枚なのでは。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。