• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

アルティメイト・セルフワーキング・カードトリック 2巻

商品画像
ジャンル DVD / カード
シチュエーション クロースアップ
メーカー名 Big Blind Media
マジシャン名 ライアン・シュルツ
ジェームズ・ウェント
イアン・モラン
オーウェン・パッカード
価格 ¥ 4,200(税込)
難易度 星
メモ 初心者マーク
紹介ツール

好評を博した『アルティメイト・セルフワーキング・カードトリック』の第2弾。今回も頭脳派マジシャンたちによるセフルワーキングマジックの知られざる傑作が集められています。

怪しさのない手続きで起こる不可能性の高いエフェクトの数々。そこには落ち着いた上質なインパクトがあります。動画をご覧いただければ、その味わいを実感してもらえるでしょう。

収録作はやりたくなるものばかりです。もちろん誰でもすぐにできます。

セルフワーキングマジックのレパートリーをこれで充実させてください。

セルフワーキングトリックの隠れた名作に光を当てたDVD
Mind MirrorJack McMillan
デックからカードを配っていき、好きなところで止めて、カードを覚えてもらいます。そのカードを元に戻し、配ったカードをその上に重ねます。よくシャフルしてもらってから、何の質問もなく選ばれたカードを当てます。
ConvergenceCameron Francis
2組のデックを使います。一方はレギュラーデックですが、もう一方のデックは裏面に1~52までの数字がランダムに書かれています。数字が書かれたデックを表向きに広げ、好きなカードを自由に選んでもらいます。これをさらにデックの中の好きな位置に刺し込んでもらいます。観客が選んだカードと、その隣にあるカードの裏面に書かれている数字を使います。もう一方のデックを取り出し、裏面に書かれた数字の枚数分カードを配ると、そこから観客の選んだカードが出てきます。
Stock ExchangeJohn Guasterferro
デックをよく混ぜ、予言のカードを2枚選びます。デックを2つに分け、それぞれの観客の前に置きます。互いにパケットの好きなところから表返し、これを相手と入れ替えて自分のパケットに重ねてもらいます。今度は先ほどより深くからカットし、また入れ替えて重ねてもらいます。これをもう一度繰り返します。最後にマジシャンもカットし、同じように入れ替えて重ねます。それぞれのパケットのトップを見るとどちらも予言のメイトカードです。さらにパケットを見ると、一方が赤色、もう一方が黒色に分かれています。
Sense-sationalRyan Schultz
デックから1人目の観客に適当な枚数を渡し、その中から1枚のカードを心に思ってもらいます。2人目の観客にも数枚のカードを渡し、その中から1枚を選び自由に戻してもらったら、パケットをよく混ぜてもらいます。3人目の観客には、マジシャンが持っているカードから1枚を引いて覚えてもらいます。ここから覚えてもらった3枚のカードをすべて当てます。1人目のカードを当てる方法が特に賢いです。
Poker PairadoxJohn Bannon
J、Q、K、Aを4枚ずつ混ざ合わせたパケットを使います。裏向きにカードを1枚選んでもらい、そのカードでおまじないをかけてもらいます。パケットのトップを見ると選ばれたカードのメイトカードが。残りのパケットを見ると、すべてメイトカード同士のペアになっています。
Four MostPeter Duffie
3人の観客とマジシャンで行う賭けです。カードを3か所に配っていき、誰かに好きなところでストップを言ってもらい、そこにお札を置いてもらいます。続けて残る2か所にカードを配り、2人の内どちらかに好きなところでお札を置いてもらいます。最後の1か所でもカードを配っていき、お札を置いてもらいます。デックを1つにまとめます。さらにカードを配り、マジシャンのカードも決めます。デックを広げ、それぞれのお札の隣にあるカードを抜き出します。確認すると4人ともAです。
Password FallacyJim Steinmeyer
デックから9枚のカードを取り出します。よく混ぜてからボトムカードを覚えてもらいます。9文字以内の好きな単語を思い浮かべてもらいます。「マイ・パスワード・イズ・思い浮かべた単語」の分だけ、つづりながらカードを回していくと、パケットのトップから覚えたカードが出てきます。
Amara Rises AgainRyan Matney
1枚のカードを選んで、ケースにしまいます。このカードが何か当てようゲームです。デックからカードを配ってもらい、好きなところで止めてもらいます。さらにこのパケットを3か所に配ってもらいます。1つのパケットを取り、Q、K、Q、Kと繰り返しながらダウンアンダーを行います。Qで終わります。2つ目のパケットでは赤、黒と繰り返しながらダウンアンダーを行います。黒で終わります。最後はスペード、クラブと繰り返しながらダウンアンダーをすると、スペードで終わります。ケースのカードを確認すると見事スペードのQです。さらに各パケットのボトムを見るとすべてQです。ダウンアンダーへの理由づけがすばらしいです。
Blind ChoiceRoy Walton
デックを混ぜてもらってから、5人の観客に4枚ずつカードを配ります。それぞれで4枚のカードをさらによく混ぜてもらってから、裏向きのまま1枚を抜き出してもらいます。残る3枚から表を見て、色違いのカードを抜き出してもらいます。5人の前にはそれぞれ2枚のカードがある状態です。余ったカードはマジシャンが回収し、テーブルに適当に2つに分けます。5人それぞれが自分のカードをひっくり返すと、どれも同じ色のペアになっています。マジシャンが2つに分けたパケットを確認すると、こちらは赤色と黒色に分かれています。
関連商品
ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

レビューはありません

pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。