• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

ユーザーレビュー

seiboさんが書き込んだ商品レビュー

レベル・ワン
ギミックは驚いたが、最後の処理は・・・
星

レベル・ワン


(一時在庫切れだったので、他社で購入しました。)

デモ動画を見て、クリップシフトやレイズライズがすごくなったテクニックかと思ったら、ギミックと書いてあるので、蛇腹のようなものを想像していたところ、こんな単純な仕掛けかと、びっくりしました。

自分がギミックやDVDを買う一番の目的は、種を知りたいというところで、こうした「なるほどなあ」と感心する作品に出会えるのは喜びです。

ただ、最後の処理には、ちょっとがっかりでして、カードの消失、コインの消失など、魔法ではなく手品だから、本当に消えるわけはないのですが、デモ映像を目を凝らして見てもわからなかったので、画期的な処理法があるのかと期待しすぎました。

あと、前の方がおっしゃるように、練習は必要ですし、角度の問題もありそうなので、自分のスキルでは忘年会等での披露は無理そうです。

スプラウト
すごすぎて
星

スプラウト


すべての演技が、わかりやすい角度とスロー再生で、こんなことまでやるのかと、想像していた以上の驚きの連続で、見ごたえはあるし、その手順にも納得の映像です。

ただ、当然といえば当然ですが、基本のパスとパームができなければ、話にならないわけで、新たなパスの技法や手順がわかっても、「ああ、すごいなあ」で終わってしまう自分です・・・。

ダン&デイブあたりからか、台詞なしの解説映像が多くなり、映像や音楽は美しいのですが、やはりコツをわかりやすく教えて欲しいと、わがままな要求も芽生えて、新刊の「コインラング」はどうなのか、興味ありです。

あと、ポン太さんのSICK以来、ワンダラーを使うようにしたので、このDVDと一緒にアイゼンハワーを追加購入しましたが、よく考えると、カードマトリックスはハーフダラーですよね。

アリオス
映像が美しい
星

アリオス


ヤニックやネストールのような美しい映像とBGMのデモを見ただけで、このDVDを買おうかという気になりました。

ダブルカードは、多くの解説書にも出ているし、DVDでも同様ですが、どうせ、ずれたり膨らんだりするよと、斜に構えていたところ、魔法を見るような模範演技で、ここまで徹底的に教えてくれて脱帽です。

自分は手が小さく、○○シフトやパーム系のテクニックは、いくら練習しても無理な部分がありますが、ダブルは練習した分だけ成果が出るので、モチベーションもあがります。

ルーティンもフラリッシュ的な要素を少なくした落ち着いた演技で、そのうえ手順解説も丁寧なので、今度こそ、ものにできそうです。(トリロジーは壮大すぎたし、サーフェス、クォンタム、セレニウムと次々挫折しました・・・)

セレニウム・シフト
こんな単純な技法で
星

セレニウム・シフト


魔法使いではないから、カードにしても、コインにしても、
出現、消失、変化は、どこか隠し持ったり、すり替えるのが、
当然なのですが、どんな技法か、どれだけ「手際」が良いか、
あれこれとDVDを買っては、どれも感心してばかりです。

このシフトは、すごく単純明快で、今までなかったのかと、
驚くくらいですし、それを応用したルーティンも見事です。

自分は手が小さく、不器用なので、パームも端が見えたり、
カードチェンジでも、カード全体を覆うのは不可能ですし、
ワンハンドシャッフルは、指が広がらないから、そもそも、
二つの山が重なったまま分けられないという悲惨さですが、
このシフトは、ちょっと希望が見えるような感じでした。

他の方も書いている、紙の音が出てしまうのは、慣れれば、
小さくなったり、速さで解消できるのかなと、皮算用です。
(全然別の技法ですが、アッシャーツイストも、自分の場合、
音が大きかったのですが、次第に小さくなってきたもので)

クァンタム・メカニクス
新たな技法の出現で、尽きることのない楽しみ
星

クァンタム・メカニクス


量子力学という、壮大なタイトルのDVDに、「ディストリビューション・テクニック」と、これまた、仰々しく名づけられた技法。
はてさて、どんなものでしょうと、デモ映像を見て、Shotgunの早わざに驚き、BackSlapが実演したくなる。
知っている技法の組み合わせで、何とかならないか。
パスを一瞬のうちに、4回連続で行う?、同時に水面下で、マルティプルシフト?
「クリップシフトがどうした、こうした」と、デモ映像で話しているから、両手同時に、クリップシフトでもするか?
わからないまま、数週間たち、購入を決意。
解説を見て、なるほどねえと、納得しました。
確かに、新しい技法だし、練習も必要。
ほとんど全部の演技で使用され、解説されているから、耳タコ状態で、やり方がよくわかる。
マルティプルシフトも、自分の知っている方法とは異なり、ディストリビューションとの組み合わせで、効果を発揮していた。
ただ、まだ練習中のせいか、気になったのが、角度に弱いのと、手元を凝視しがちになるのが、難点といえば、難点。
でも、しばらくは、この技法の習得に、夢中になりそうです。
ギミックの開発も、驚くくらい新製品が出るが、基本技法も、新しいもの、改良したものが次々と出てきて、マジックをやっていてよかったなあと感じています。

アイゼンハワー・ダラー
でっかいです
星

アイゼンハワー・ダラー


 「Sick」を見て、ワンダラーで演技してみたくなり、ワンダラーサイズの和同開珎と一緒に購入しました。
 品物が届き、開封した瞬間に「でかい!」と叫んでしまうほど、ハーフダラーや500円玉に慣れていた自分には驚きの大きさ。コインというよりはメダルという印象です。
 自分はカードがブリッジサイズでないと、パームできないほど手が小さいので、ウィルソンパームなどの技法では、ちょっときつそうです。逆にクラシックパームは安定して保持でき、手の形も自然で良い感じです。重さがあるので、指先の筋力トレーニングが必要かと思いつつ、とにかくいじり回して慣れることかなと。
 それにしても、ポンタ氏のたった1枚のDVDが、コインマジックの主流をハーフダラーから、ワンダラーへ改革してしまったのではないでしょうか。

旅人のすみか 1巻
ノンギミックの素晴らしさ
星

旅人のすみか 1巻


 「マジックの心理トリック」という新書の中で、ギミック、ノンギミックの一例として、オイル&ウォーター現象の「ロイヤルオイル」と「セパレーション8」が紹介されていました。もちろんタネ明かしでなく現象のみの記述ですが、ノンギミックでそんなにすごい演技なのかと興味がわき、ネット検索したところ、このDVDに収録されているのを知り、数年前に購入しました。(これがフレンチさんとの出会いでもあります)
 オイル&ウォーターは、フレンチのトークアバウトプロットや、奇術研究での特集にもありますが、それぞれ手順や技法が異なり、すごく勉強になります。その中でも「セパレーション8」はダックチェンジによるクライマックスが見事で、最初は何が起きたかわからないくらいでした。今では、ヤニッククレティアンのDVDでも紹介されている技法ですが、考案者本人による日本語解説(当たり前)なので、とてもわかりやすいです。
 他の作品も素晴らしいものばかりで、フレンチさんで紹介していないものは以下のとおりです。
 シンプル・ツイストは、4Aを使ったツイスト現象。
 YKKは、バラバラの3枚のカードが、どれもが選んだ1枚のカードへ変化していき、最後はフォーカードが揃う。
 サンドイッチ事情は、ゆうきとも氏の作品にもあった現象。選んだカードではなく、全部のカードをQでサンドイッチしたと笑いをとってから、一瞬でサインカードをサンドイッチする。
 バニラスカイは、選ばれた2枚のカードのうち1枚だけサインをするが、2枚でアンビシャス現象を繰り返すうちに、サインが移動してしまう。
 それぞれ、丁寧に解説されていて、すごくわかりやすいです。すべてレギュラーカードで演じられるので、演技後にカードをひったくる輩の多い職場の忘年会でも、重宝しています。

コインワン
限定販売に間に合った
星

コインワン


 ポン太氏の「Sick」で紹介されたHomer氏の技法の詳細が知りたくて、注文しようとしたら、フレンチでは品切れ中。限定品だというので、あきらめていたら、再入荷したようで、慌てて注文しました。
 お目当ての技法は、アニメーション図解入りで解説されていて、よくわかりました。細かいポイントを矢印と文字で説明するところは、Dan&Dave「Trilogy」のフラリッシュカットの解説とも同じやり方で、スローで見てもなかなか技法を把握できない自分としては、ありがたいかぎりです。
 Vanishの技法も、事典やDVDで知っていたのとは異なり、感心するばかり。
 ギミック使用のコツや、ギミック・ノーギミックの両方が解説されている箇所もあり、ひたすら猛練習するか、ギミックを手に入れるか、迷うところ。ただし、ギミックを使っても、その扱いは難しそうだし、多くの技法も組み合わせるので、コインマジックは半端じゃないと再認識。
 続編なのか「CoinTwo」という限定DVDもあるらしく、今から楽しみです。
 「Sick」同様、ワンダラーが欲しくなってきますが、フレンチの品切れ中は、いつまで続くのでしょう・・・。

シック
優雅に泳ぐ白鳥
星

シック


 フラリッシュを追求する余り、ジャグリングの世界へはまり込んでいた自分を、再びマジックの基本へと呼び戻してくれたDVDです。
 カードは必要以上にシャッフルし、サインカードは飛ばす、ゾンビボールよりはノーギミックでクリスタルボールを浮かせる、ビリヤードボールもジャグリングのカスケードなど取り入れる、などと技術のみをひけらかす方向へ、できもしないのに突っ走っていた自分に、「自然な演技で、観客に対して不思議な世界を作り出す」という原点を思い出させてくれました。
 TenkaiPeniesや3CoinsAcrossを見ると、「これだけのことで、あそこまで見事に出現・消失・移動ができるのか」と目からうろこです。もちろん人に見せられるようになるには、猛練習あるのみ。
 Vanishは、似たようなことを緒川集人氏のDVDで見て、「こりゃ無理だし、自分がやってもバレバレだよ」と思っていたのですが、挑戦意欲がわいてきました。
 どの作品にしても、演技解説で見る一連の動きは、「優雅に泳ぐ白鳥も水面下では・・・」のたとえのよう。(実際の白鳥はそんなことしていないという説もありますが) ポン太氏のように演技するとなると、ジャグリング以上に修練が必要と、片時もコインを手放すことなく、コインの扱いに慣れることからやり直しています。
 自分は手が小さいから、ハーフダラーで十分と思っていましたが、何度も映像を見ていると、ワンダラーが欲しくなってきます。モルガンは値段的に手が出ないので、アイゼンハワーを買おうとしたら、フレンチでは品切れ中。皆さん必死で練習しているのでしょうか。

アルティモンテ
Yes We Can!
星

アルティモンテ


テクニック不要。カードを閉じて開けば、当たりのカードが見事にChange! 忘年会が迫る昨今、買ったその日に披露できるお役立ちものです。
スプリ○○カードなどのフェイクカードではないから、裏表ともきちんと見せることができ、実にフェアなモンテです。ただ、パケットトリックで陥りやすいのが、後半になるにつけ手順がうろ覚えで、今どのカードが何枚目にあるかを見失うと、たちまち失敗。天地にも気をつける必要があり、要注意です。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。