• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

テクニカルなコインマジック講座

商品画像
ジャンル 書籍 / コイン
シチュエーション クロースアップ
メーカー名 東京堂出版
マジシャン名 荒木 一郎
価格 ¥ 3,024(税込)
難易度 星
メモ おすすめ
紹介ツール

コインマジック好きの皆様、お待たせしました。
「テクニカルなカードマジック講座」のコイン編が満を持して登場です。

前回好評だった付録のCD-ROMが、今回はグレードアップしDVDになりました。こと、コインに関しては文章のみでは理解しづらかったので、動画付きはありがたい。学習意欲がわきます。さらに、沢浩、ヒロサカイ、緒川集人、スピリット百瀬等、超大物ゲストの演技も見物です。 また前作同様、入門書として出されてはいますが、入門の域を超えてるのも幾つかあります。コインマジックをある程度している方にお勧めしたい本です。

この内容でこの値段。これは前代未聞の価格設定と言っても過言ではありません。迷わず買いですね。

【収録内容】

第1章 コインマジックについて

使用するコインについて
 ハーフダラー、ワンダラーなどコインの歴史やデザインに関する説明。
ギミックコインについて
 シェル、ダブルフェイス等のギミックコインの説明。


第2章 テクニックと用語

テクニック
 パーム、グリップ、バニッシュ、チェンジ等、約190種類の技法を紹介。
用語
 ヘッド、テイル、エッジ、スタック等のコイン用語を解説


第3章 パフォーマンス

1.「チャイニーズコインの伝説」
 右手に銀貨3枚、左手に銀貨3枚とチャイニーズコイン1枚を持ち、左手をテーブルの下にまわします。両手でテーブルを叩くと、右手の銀貨3枚がテーブルを貫通し左手に移動します。もう一度、右手に銀貨3枚、左手に銀貨3枚とチャイニーズコイン1枚を持ち、左手をテーブルの下にまわしテーブルを叩きます。やはりコインはテーブルを貫通しますが、右手を開くとチャイニーズコインが下から上に貫通しています。さらに叩くと、左手の銀貨3枚が貫通して右手に全て集まります。

2.「静かなるマトリックス」
 チャイニーズコイン1枚と銀貨3枚によるマトリックス。チャイニーズコインに引き付けられるように銀貨3枚が集まります。比較的簡単です。

3.「500円玉のデュエット」
 観客から借りた500円玉とマジシャンの500円玉を左手に握ります。マジシャンが怪しい事ができないように観客に左手首を持ってもらいます。この状態で左手を開くと1000円記念コインに変わってしまいます。その1000円玉を2つに引き裂くと500円玉2枚になっています。借りた500円を返し演技を終えます。

4.「ウィンド・シルバー/翼のある銀貨たち」
 右手に握った4枚のコインが一枚ずつ左手に移っていきますが、最後は、3枚の銀貨を観客の手に握らせます。残りの1枚はマジシャンの手の中で消え、いつの間にか観客の手の中に移動し銀貨が4枚になっています。

5.「ジミー・ウィルソンの思いで」
 一枚のコインが消え、再び現れます。両手は空にしか見えません。あっさりとした手順。

6.「シカゴのアップ・ダウン・コイン」
 握った手の甲に置いたコインが手を貫通します。また手の中のコインは貫通し、手の甲へと現れます。

7.「コインの誕生」
 空中からコインの元素を集めて、ひねったり伸ばしたりしているうちに、コインが次々と誕生します。立った状態でできますので覚えておくと何かと便利です。

8.「サイレント・ディスティニー」
 左手に握った銀貨2枚とチャイニーズコイン1枚が右手に一枚ずつ移動します。銀貨3枚で行うコインズ・アクロスの傑作、「クロスト・ディスティニー」のバリエーションです。

9.「親分とベンジャミンの空中飛行」
 左手に握った銀貨2枚とチャイニーズコイン1枚が、1枚ずつテーブルに置いたカードの下に移動します。観客にカードの下に3枚のコインがあるのを確認してもらいます。ここで、マジシャンはおまじないをかけカードを取り上げると、コインが一枚もありません。なんと、一瞬で左手に戻ってしまいます。

10.「スペルバウンド/銀貨の彼方に」
 銀貨とチャイニーズコインが何度もチェンジします。ラストは銀貨がジャンボコインになり、不思議な粉をかけると小さくなり消えてしまいます。

11.「幽霊銭のミステリー」
 銅貨と銀貨を左手に握ります。マジシャンは左手の甲に幽霊銭のボタンがあると言います。そのボタンを押すと左手には銅貨、銀貨、古銭があります。銅貨をポケットにしまいますが、ボタンを押すと戻ってきます。今度は古銭をポケットにしまい別のボタンを押すと、左手は空になってしまいます。

12.「Oh! No! マトリックス」
 チャイニーズコイン1枚と銀貨3枚によるリバースマトリックス。「静かなるマトリックス」の後に続けて演じると効果的です。

13.「チリカラコイン(塵からコイン)」
 マジシャンはマットにある塵をつまみ上げ、一枚の銀貨に変えます。同様に次々と塵を銀貨に変え、4枚になります。この後、お好きな手順につなげれます。

14.「シルバー・ツイスト/貴方の手の中で」
 観客に左手に銀貨、右手に銀貨を握ってもらいますが、入れ替わってしまいます。観客の手の中で変わるので不思議さ倍増です。

15.「チリカラコイン・スペシャル」
 「チリカラコイン」の塵をフラッシュ・ペーパーの玉で行います。玉を取り上げ、ロウソクの炎にかざします。火が燃え上がると同時に左手に向かって投げます。なんと、受け取った左手で炎がコインに変わっています。同様に残り3つの玉が3枚のコインになります。これは鮮やかで派手です。

16.「チョコレートの幻想」
 マジシャンは4枚の銀貨のうち一枚をチョコレートに変えてしまいます。残りの3枚も一枚ずつチョコレートに変わってしまいます。最後はチョコレートを食べますが、両手は何も持っていません。なんとも小意気なマジックです。


【DVD収録内容】
  1. コインの誕生
  2. テンカイドロップの技法解説(スピリット百瀬)
  3. 中国コインの伝説
  4. 百瀬流のコイン・トレーニング(スピリット百瀬)
  5. 静かなるマトリックス
  6. サブマリーン(沢浩)
  7. 親分とベンジャミンの空中飛行
  8. スリービング技法の解説(摩耶一星)
  9. サイレント・ディスティニー
 10. ポイント・ブレイク(ヒロ・サカイ)
 11. ゴッシュマンピンチ(ヒロ・サカイ)
 12. 一枚のコイン(緒川集人)
 13. リテンション・バニッシュ(緒川集人)
 14. 幽霊銭のミステリー
 15. チャイニーズ・クラシック(上口龍生)
 16. ジミー・ウィルソンの思いで
 17. シカゴのアップ・ダウン・コイン
 18. 翼のある銀貨たち
 19. トス・バニッシュの技法解説(小川勝繁)
 20. 500円玉のデュエット
 21. ツイスト・チェンジの解説
 22. フリクション・パスからゴッシュマン・ピンチへの解説
 23. チリカラコイン
 24. チョコレートの幻想
 25. スペルバウンド


全212ページ
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

レビューアーは持っている。からこそ。
星

チポタン


著作者に対するマジックとは無関係な部分への感想、場合によっては攻撃、そうしたものは一旦、地面に置きましょう。さもなくば、それは著しく不毛であるからです。

さて、本書。

コインマジックの本が刊行されたら前書きに必ず、「コインマジックの日本語書籍がほとんど存在しないのである」と鬼の首でも取ったかように書いてある事が多い。

当たり前である。こんな狭くて深い領域の書籍を作った所で売れないからである。

でも、それは日本の奇術の文化的な密度の優劣を語る指標とはならない。海外には芳醇で濃密な書籍と雑誌が山ほどある。それでいいのである。

本書が初学者向けではないことは、初学者がパラパラめくった段階で本人にも気付けるので心配ない。警告は不要である。でも、DVDがは面白いと思うのです。

この付録のDVDは、「ちょっと関係者が偶然集まってるとこで、わいわいやりながらギャラとかなしで台本もなしで気軽にちょっとやってもらったのを撮影しました!」という定義だと、思おう。でないと、息苦しい。

著作者の演技は、多くのレビューアーが書かれている通り、確かに、本書内部での高圧的なテンションとは裏腹に、大変ビビっている。その部分は読者は納得がいかないかもしれない。

あと、現状の潮流である、追われてもいないのに証明する必要はない、という正当で自然な理論に反している箇所が多いとも感じる。個々の演者は著名でありまた優秀なパフォーマーが多いが、古臭いものを古臭いまま演じていたりして、これまたコイン家の反感を買いそうだ。

でも、上記の定義付けでDVDを見れば、仏陀の如く平静でいられるから不思議だ。

マニアは多くを期待しない方が良い。

それでも、テクニカルタームを整理ている部分や刊行時点のコインマジック業界についての述懐などは、十二分に意義を見いだせる。そう思います。

中級者以上のかた向けです
星

プロフェッサー2世


たしかに
この本はすばらしいです
しかし
初級者向けではありません
難解な専門用語が多数あるので
少なくても
コインマジックを知ってから
1年以上が目安です
DVDも付属してますが
完全なHOW TO
ではありません
演技のみもあります

コインマジックといえば
国内では
シュート緒川さんが有名ですが
このDVDに出演されてる
年配の方々は
日本を代表するコインマンであることは
間違いないです

この本では
いわゆる
レギュラーコインでする
コインマジックを基本としてます
トリックコインは使いません

コインマジックをするにあたって
一番の問題は
マッスルパスです
この技術は簡単ではありません
しかし
マッスルパスを使わないマジックは
多数あるので
問題ないでしょう

コインは1964年ハーフダラーが
一番いいですが
無ければ普通のハーフダラーでかまいません

コインの基礎は
①コインを隠し持つこと
②コインがあるようにみせること
③すばやくパスすること
まあ、こんなところです
ほとんどの技術は
「パーム」です
この「パーム」ができれば
コインマジックの80%はできます
プロマジシャンが好きなのは
「ウィルソン・パーム」です
ただし
この「ウィルソン・パーム」(ジミー・ウィルソン・グリップ)
は、少々難解かもしれません
だから中級者以上向けなのです

この本では
簡単な説明とイラストのみですが
(DVDでは演技のみ)
詳しく学びたければ
個別のテクニックDVDを買うしかないようです
(シュート緒川さんもDVDを出してます)

活字で読み取って
イラストで学び
DVDで演技を見る
という手順で学習してください

うんたん
星

タカフミ300


流石荒木氏ですね。
パフォーマンスより技法が大変参考になりました。
コインマジック事典でも載っていない技法がありました。(フリーフライトパスなど)
まあいい点はそこだけパフォーマンスはだめだめです。

基礎力向上と資料価値はある
星

Syo


確かに、DVDのクオリティは高くないし、パフォーマンスのみです。

辛口的な意見が飛び交うのもあるとは思いますが、資料的な価値は十分あると思います。基本的なものの解説から少しマニアックなものの解説も。

ただやはり文章での読み取りというのが不効率な部分ですね。

十分な中級程度までのことの一切は一通り読めばみにつくと思うので初級~中級の基礎力向上と知識力をあげるための教材としてはいいということです。

マニアックにはもの足りない可能性は高いし超初心者には厳しく感じる中級者向けかと思います。

まあ・・・・
星

T


この本やDVDに感動している方には申し訳ありませんが、私のように新しい技法を知ろうと思って買った人は「なんですかいね?」と感じると思う。技法自体が文章という個所が多いのが致命的で、技法の数は大したもんだが、文章のみでは技のイメージも掴み難いものも多い。本当に知りたい技法は、ナニゲに文章から読み取れない書き方されてる個所があったりする。
 DVDの演技に関しては、その方がどの程度の術者なのか私は知らないけれども、申し訳ないが、「お好み演芸会」っぽい術者もいた。あと、マニアが見るぶんには、タネは一瞬で分かると思うのだが、その「プロのプロたる見せ方」を学びたいと思っているのに、素人の女性みたいなのが「わー」とか「きゃあああ」とか叫ぶのが耳障りで余計である。マジックやる場合、ああいう観客に見せるという需要もあるのだと思うが、本全体から漂ってくるハードなイメージの割に、DVDの観客のリアクションが軽薄で嫌である。コインマジックやるときに、あまり「語り」が多いと、自信の無さを「語り」でごまかしてるように見えるし、演じるに際して手が震えてるものがあったりすると、本で書いた「コインマジックするなら命かけろ」的なハードさとの落差に驚く。ただ、コインマジックの本自体が少ないので資料的価値はあると思うので星3つとしました。以上、あくまでも個人的な感想です。「コインが沈んでいくんですよね」と言われて、「勘弁してくれよ。本当にそのセリフ、演じる時に人前で言うんですか・・・?無言で演じた方が格好良くないですか?」と思ってしまいました。生意気言ってすみません。ちなみに、私、コインマジックを真剣に探求してる者ですので、辛口ですみません。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。