• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

クロースアップ・アップクロース

商品画像
ジャンル DVD / オムニバス
メーカー名 L&L Publishing
マジシャン名 ジョシュア・ジェイ
価格 ¥ 5,000(税込)
難易度 星
動画 動画を見る動画マーク [size:4.1MB] 
動画を見る動画マーク [size:5.5MB] 
紹介ツール

クロースアップ・アップクロース 1巻

¥ 5,000

クロースアップ・アップクロース 2巻

¥ 5,000

クロースアップ・アップクロース 3巻

¥ 5,000

クロースアップ・アップクロース 3巻セット

¥ 14,800

マジック界の新生ジョシュア・ジェイ。彼は10代の頃から本を出したり、雑誌のコラムを担当したりと第一線で活躍を続けています。17歳の時に出版した本「マジックアトラス」は世界中で絶賛された本で、日本語にもなっています。読まれた方は、彼の類い希なる才能がお分かりでしょう。博学でクレバー、創造性に富み、そして、素晴らしいパフォーマーです。そんな彼の初主演DVDとなれば、これは要チェックでしょう。

彼はテレビ出演や世界各国で沢山のパフォーマンスをしているだけあって、DVDには実戦的で一般ウケする物が収められています。どの手順も合理的に組まれていますので、ほとんどは楽に演じられると思います。レパートリーにしたい物がたくさん見つかる事でしょう。技法も単体でいくつか紹介されています。大胆ながら有用なテクニックなので、これもまた是非習得してください。

そして、嬉しい事に各巻それぞれステージアクト(演技のみ)が収録されています。演じているのはクロースアップネタですが、会場中を沸かせています。純粋に楽しめますし、また、そのプレゼンテーションは大いに参考になるでしょう。

3巻セットですが、内容が薄くなっていないのはさすがです。ジョシュア・ジェイ、恐るべし!

Losing Diamonds
観客に1枚のカードを選んでもらいます。ダイヤの2です。それにサインをしてもらいデックに戻し混ぜます。マジシャンはポケットから1枚のカードを取り出しますが、それはダイヤの10です。カードを弾くと、ダイヤのマークが舞い落ちて、サインされたダイヤの2に変わります。
The Remote Control
最高のアンビシャスカード・ルーティン。マジシャンはテレビリモコンでカードもコントロールできると言い、チャンネルアップ等のボタンに合わせて、サインされたカードが上がったりする現象が起こります。最後、リモコンが効かなくなり、電池ボックスの蓋を開けると、折り畳まったカードが入っています。もちろんそれはサインされたカードです。クライマックスに申し分が無いのはもちろんの事、リモコンを導入する事により非常に楽しい演出が可能になり、また、現象に幅を持たせる事もできます。Jay Changeと言う片手で行うカラーチェンジも見物。
The Aspirin
空のハンカチからアスピリンのビンを取り出します。選ばれたカードがその中に移動します。
Discreet Displacement Collectors
Discreet Displacementと言う技法(バーノン・アディションの逆で、上からカードが追加される。アディションはもちろん、フォースやコントロールにも使える応用範囲の広いテクニック)を使ったコレクター。3人の観客のカードが、一瞬で4枚のAの隙間に入り込みます。ダイレクトで大胆。素敵です。
Discreet Displacement Thought-Of Card
同じ技法を使った作品。パケットの中から好きなカードを心の中で覚えてもらいます。マジシャンはパケットを受け取りデックに混ぜてしまいます。何も訊かないまま、マジシャンはデックから1枚のカードを突き出します。ここで観客に覚えたカードを尋ねます。見事、付き出したカードは一致しています。
Ringin' Alarm
観客から借りた指輪が、指ごと!?置き時計の中から出てきます。
Shurenken Revelation
デックを4つのパケットに分け、横一列に並べます。パケットに手をかざしていくと、次々とパケットのトップからQが現れます。再度手をかざすと、Qがミニカードに変わっていきます。
Printing
ジョシュア版ドゥビビエのカメレオンカード
Inflated Transposition
マジシャンは1ドル札を取り出し、観客には5ドルを出してもらい、取り替えます。両方を8つ折りにし、2つ合わせて観客に握ってもらいます。拳の隙間から、一方を抜き出すと1ドル札です。これを振ると、5ドルに変わります。観客に手を開けてもらうと、ブラジルの紙幣が出てきます。
Think a Card
観客が52枚のカードから全く自由に言ったカードが、デックのトップから出てきます。
Rubbed Away
カードをテーブルに擦りつけると見えなくなります。見えなくなったカードをひっくり返して、デックにさし込んでもらいます。デックを広げると、そのカードがひっくり返って出てきます。ここで使われるラブ・ア・ダブ・ダブのバリエーションにはひっかかります。
Memorized Mates
観客にカードを配っていってもらい、配るのを止めたところに紙幣を挟みます。これを4人の観客で繰り返します。紙幣を裏返すと、挟まっている場所のカードが書かれています。
Heightened Senses
メジャーを引っ張り出していくと、観客の身長の目盛りに×印が付けられています。
Jumbo Overlap Homing Card
有名な4枚のKのトリックを行うと言い、4枚のジャンボカードを見せますが、3枚のKとジョーカーです。ジョーカーを捨て、3枚広げますが、やはりジョーカーが混ざっています。同様の事が繰り返され、結局Kは全部なくなります。
Prinsess in My Wallet
サイフからパケットを取り出し、観客に1枚のカードを心の中で覚えてもらいます。パケットを数え直すと1枚のカードが名刺に変わっています。観客のカードはパケットから消えています。サイフから名刺の束を取り出し、広げるとカードが1枚紛れています。それが、消えたカードです。
Invisible Coin Purse
3枚のコインを取り出し、1枚ずつ消していきます。シンプルですが、かなりきれいで、不思議です。
Prediction Piece
マジシャンは予言の封筒と、4枚のカードを取り出します。3人の観客にカードを手渡し、マジシャンと同じ様にしてカードを4つに破ってもらいます。バラバラになった破片を集め、一人の観客にテーブルに蒔いてもらいます。裏向きの破片を除き、残った破片を集め、再びテーブルに蒔きます。同じ事を1枚が残るまで繰り返します。その残った1枚は、封筒の中のカードと同じです。しかも、そのカードは一部破れています。そして破れ目はが残った破片とピッタリ一致します。
Conbined Interest
カード当て、予言、カード・トゥ・ポケットを組み合わせたマジック。サッカートリック。非常に簡単です。
Pulling My Stiring
短いロープを踏みつけると、驚異的に伸びます。ロープマジックのオープニングにピッタリです。
Dear Journal
マジシャンは日記帳を取り出し、開けると中にはデックが入っています。デックを広げて見せると、確かに日記が書かれています。観客に1枚取って持っていてもらいます。他の観客に5枚のカードを選んでもらい、その5枚の日記を読み上げていきます。それらの内容を総合すると、観客のカードが導かれます。最後デックを広げると1枚裏返っているカードがあります。そこには「私はリサ(1人目の観客の名前)の為にマジックをしました」と書かれています。IBMで賞を取った作品。
Trumped Triumph
観客に1枚のカードを引いてもらいます。マジシャンはデックを表裏がバラバラになるように混ぜ始めます。観客のカードもその中に入れてさらに混ぜます。ところがデックを広げると観客のカードのみ、表向きで出てきます。デックを揃え再度広げると、今度は観客のカードと同スートのカードが、A~Kの順に並んで表向きに出てきます。
Triumph in Aces
デックを表裏バラバラになるように混ぜます。この状態で、Aを1枚ずつポイポイ取り出します。3枚出たところでデックを広げると、デックは全て表向きに揃っており、最後のAが裏向きで現れます。
Triple Thought-of Card
よく混ぜてもらったデックから、マジシャンと観客2人が適当に4枚ずつカードを抜き取ります。それぞれのパケットを良く混ぜ、さらにパケットを交換して混ぜ、どこに何があるのか分からなくします。3人はそれぞれ左隣の人にパケットの表を見せ、1枚心の中で覚えてもらいます。覚えたらパケットをデックに戻し、混ぜてしまいます。マジシャンは見事にデックから3人の覚えたカードを抜き出します。傍観者は不思議でたまらないはずです。
Back in Time
スタンドアップで行うトライアンフ。テーブルを使わず、比較的簡単に出来ますので、実用的です。ジョシュア本人も好んで演じている様です。
Pseudo Centers Transpo
センターディールのデモンストレーションとして、デックの真ん中に挟んだ裏向きのQを配ります。ところがその表を見るとAになっています。Qは内ポケットから取り出します。
Overlap Hitchcock
スローモーション・フォーエース(Jを使っていますが)と思わせておいて、最後はマスターパケットでは無く、3番目のパケットに全てのJが集まります。
Paradise Ace Plus
デックを混ぜ4つに分けると、それぞれのパケットのボトムからAが出てきます。しかし、1つのパケットでは5が出てきます。パケットを取り上げ配って行くと、5枚目がAです。Aまでに配られた4枚と合わせると、ロイヤルフラッシュになります。
Deja Vu Collector
3人にカードを引いてもらい、デックに戻します。4枚のAを取り出し、1枚テーブルに置きます。しかし、手元には4枚のAがあります。また、1枚テーブルに置きますが、これまた手元に4枚のAがあります。これを繰り返すと、Aが増殖します。おまじないをかけると、4枚のAの間に一枚置きに観客のカードが入った状態になります。
Bluff Shift
ブラフパスのバリエーションが3品。おもしろい!
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

ほとほと感心しました
星

なほひ


 まず技術がすごい。難しいことをさらりとやっています。ギャンブルデモンストレーションでダブルリフトやセカンドディールを使っていますが、私がこれまでみた中では、最高に上手い。いずれもプッシュオフメソッドです。当然アンビシャスカードも不思議で、なおかつ演出も面白い。
 ブラフパスのバリエーションなど、カードのコントロールも大胆で自然な方法がいくつかあって、勉強になります。
 しかしながら、技術だけに頼っていないのが好感が持てるところです。スローモーションエーセスはやられました。どこかで販売してほしいです。
 私が一番気に入ったのは、3人が思ったカードを当てるもので、方法を知って感動しました。悪魔のような狡猾さです。

 全体を通していえることは、クレバーで斬新なのにもかかわらず、現象はクリーンで、妙なマニアックさはなく、覚えたくなるトリックがいっぱいあるということ。
 
 

スマート!
星

katobun


ジョシュア・ジェイは好青年な感じで非常にスマート。
観ていて爽快感を覚えます。
マジックに関してもクレバーなものが多く、
勉強になります。

まずは1巻ですが、カードがメインです。
リモコンを使ったアンビシャス・カードは面白いですが、
ジェイ・チェンジは手が大きくないと無理かな…
ディスクリート・ディスプレイスメントはかなり大胆ですが、使えるテクニックです。

2巻はカード・コイン・ロープや様々なものが多く、
ギミックを使うものがメインです。
思ったカードを当てるマジックはかなり不思議です。
一番面白いのは4人が破いたカードの破片をバラバラに混ぜて、
表向きに一枚だけ残った破片が予言したカードと一致するもの。
ありえない現象ですが、非常に簡単でかなりウケます!

3巻はまさにカーディシャン向け!
テクニックを使うものが多いです。
バック・イン・タイムは噂に聞いていましたが、
あれほど素晴らしいマジックだとは思いませんでした。

全巻通して言えることは、ハズレがないと言うこと。
ただ不満を言えば、ダブル・リフトの
解説がないことくらいです。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。